[開催報告&見逃し配信] TOKYO2020開催間近!トライアスロンオリンピアントーク

7/4(日)に開催いたしました『TOKYO2020開催間近!トライアスロンオリンピアントーク』(Zoomオンライン開催)には、日本全国から多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。初の試みYouTube Live配信でもお楽しみいただけたようで主催者としても喜んでおります。

オリンピアン関根明子さんと田山寛豪さんのジュニア期からの競技歴、トライアスロンとのまさに運命的な出会い、転向そしてオリンピック出場に至るまでをさまざまな側面から名ファシリテーター八尾彰一さんがじっくりと聞き出してくれました。

さらには、ジュニア選手たちが関根選手・田山選手に続くにはどういう道筋があるのか、についても日本トライアスロン連合の強化プログラムにも触れながらご説明をいただきました。大きな刺激になったのではないでしょうか。

JTU参考サイト:

https://www.jtu.or.jp/news/2021/06/06/33741/https://www.jtu.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2021/04/Jtu_HP_Program_20210416.pdf

Zoomでのご参加が叶わなかった皆様にYouTube Live配信の動画をアーカイブで残しました。

オリンピック開幕を目前というタイミングで、解説をご担当されるオリンピアンのお二人に出演いただいた豪華企画となりました。語られた内容は、時が過ぎても褪せることのないタイムレスな内容ばかりです。お知り合いやジュニアのみなさんなど、ぜひ視聴をおすすめください! 

▷▷▷TOKYO2020開催間近!トライアスロンオリンピアントーク見逃し配信リンク◁◁◁ 

お送りしたアンケートへのご協力もありがとうございました。「やってほしい企画リクエスト」には、ジュニアを対象にした企画を望まれる声が多く聞かれましたので、今後実現に向けて努めてまいります。
皆様からの感想をこちらに一部ご紹介させていただきます。

3人の掛け合いがとても良く、充実した1時間30分でした。オリンピックが終了した時に振り返りのトークを是非お願いします。オリンピアしかわからない体験談はとても興味があり、ジニアには間接的にもしっかり伝達していきたいです。特に、チームテイケイ時代の田山さんと八尾監督の対話が興味があります。また、関根さんも陸上部の実業団の経験がありとても勉強になりました。オリンピックでメダルを獲得できる時をみんなで目標に取り組みたいです。また、オンラインではなく、対面で開催されると時を楽しみにしています。猪名川もしくは兵庫で。トライアスロンを通じてオリンピックがより身近に感じられワクワクしています。素晴らしい企画・機会をいただきありがとうございました。練習会や合宿を楽しみにしています。

靴のお話、ランニング練習のお話が、自分に取り込める内容で、聞き入りました。オリンピックの選手村のお話が聞く機会のないような事が多く、楽しかったです。関根さんのお話では、陸上からトライアスロンに変更されたときの「なんて楽しい競技なんだろう!」が印象的でした。田山さんは、監督のご指導の話と、現在選手のみなさんと良好な関係なんだろうなと思わずにはいられない取組のお話が素敵でした。八尾監督が、人生何色って言うお話をどこかでされるはず!という予想が当たって嬉しかったです。聞き役の八尾監督がとても新鮮でした。ありがとうございました。

私もマラソンで脚を痛めて、ネットなどでトライアストンは体への負担が少ないと聞いてリハビリのつもりで初めて早6年目です。クロストレーニングの大切さを実感した一人です。アスリートにとって泳ぐ・こぐ・走る(トライアスロン)の考え方を上手く活用して貰えればと思います。

とかく垣根が高いと思われるトライアスロンがジュニア期の体力形成に有力であることを強調して頂いたのでトライアスロンの興味がある若い層にアピールできたのではと感じました。

御三方ともとても興味深いお話をしてくださって、とてもとても有意義でした。オリンピックのボランティアをするので、出場選手、監督目線での感じ方を知ることができて嬉しかったです。東京オリンピック、パラリンピックの選手のためにボランティアも頑張りたいと気持ちが新たになりました。貴重な機会をいただきありがとうございました。

主催兵庫県トライアスロン協会
協力NTT西日本
後援日本トライアスロン連合

Hits: 163